BBN Radio
天国への道インターネットラジオBBN聖書学院ライブチャットリソース言語献金コンタクト
登録|コース概要|よくある質問|BBN聖書学院ストリーミングヘルプ|私たちについて|宣教ご利用ツール|受講生より|
受講生ログイン
登録済みの方
ユーザネーム:
パスワード:


パスワードを忘れた?
ユ-ザ-ネ-ムを忘れた?
受講申し込み
百聞は一見にしかず vs 一聞は百見にしかず

BBN聖書学院のまわりはどこも白い梨の花が真っ盛りです。実に見事です。この風景を100%、言葉だけで説明しようとしたら、どれほどの言葉が必要でしょうか。見た感動を100%伝えるのはまず不可能でしょう。その証拠に、今、このページを開けた方は、3月3日撮影のこの写真を見て、「ほー」と思われるでしょう。

最近の携帯電話の写真の画質はかなり高画質。これは、と思ったらすぐに撮って、パッと友達に送って、感動を共有できますね。「百聞は一見にしかず」とは、良く言ったものです。

では、あなたの救いの感動はどうでしょう。「こんなに私って明るくなったの。見てェ。」と素敵な笑顔の写真を送る手はあるでしょう。でもあなたの喜びそのものを知ってもらいたいなら、どうしても心の内を言葉で伝えなければなりません。

実は、イエス・キリストの福音は、聞くことによってのみ人々の心の奥深く入ってゆきます、その神のみことばは聞く人の心をゆり動かし、その人の人生を、望みのない暗闇の中から希望の光の中へと大転換させます。見ることでは起こりえません。これはまさに、「一聞は百見にしかず」なのです。

「信仰は聞くことから始まり、聞くことは、キリストについてのみことばによるのです。(ローマ人への手紙10:17)」とは、神様の知恵です。

見えるものはやがて色あせます。しかし、キリストの福音は時代を超えて語り伝えられ、人々を感動させ、永遠の救いへと導くのです。

「この御国の福音は全世界に宣べ伝えられて、すべての国民にあかしされ、それから、終わりの日が来ます。(マタイの福音書24:14)」イエス・キリスト

担当   Hitoshi Shinoda    記載日  3/3/2011 4:22 PM
読者数  2791


Login                                                                                           お知らせ   プライバシー