BBN Radio
天国への道インターネットラジオBBN聖書学院ライブチャットリソース言語献金コンタクト
登録|コース概要|よくある質問|BBN聖書学院ストリーミングヘルプ|私たちについて|宣教ご利用ツール|受講生より|
受講生ログイン
登録済みの方
ユーザネーム:
パスワード:


パスワードを忘れた?
ユ-ザ-ネ-ムを忘れた?
受講申し込み
地球消滅の日は、ある
BBNの私のオフィスに金魚がいます。もちろん、小さな水槽の中にいるわけで、私の隣に座っているわけではありません。昨年6月にペットショップで、メダカほどのサイズのものを数匹買ったのですが、結局一番元気で食欲旺盛なのが1匹だけ残りました。それが今では体長6センチメートル余りに成長しました。妻は、彼(彼女?)をスイミーと呼びますが、私は金太と呼んでいます。

ところで金太は、自分がおかれている環境が非常にもろいものだ、ということに気付いていないようです。その小さな水槽が置いてある本棚が倒れたり、最近物忘れがよくなってきた飼い主が餌やりを忘れたら、どうなるでしょう。もし、その危うさに金太が気付いたら、おそらく、食欲を失って寝込んでしまうでしょう。

実は、私たちの住んでいる地球という環境も非常にもろいはずなのです。近年の温暖化は序の口、地球のいたるところで大地震や火山の大噴火が起こり大津波が起こる。地磁気が突如消えて大量の放射線が宇宙から降り注ぐ。巨大隕石が地球に飛び込んでくる。太陽の発する熱量が1割でも変化するなら人類は絶滅、と、科学者が唱える危機の可能性を数えれば限がありません。人が今まで地上に存在できたのは、確立論的にみれば限りなくゼロに近い、まさに奇跡的なことなのです。

それが実現しているのは、造り主である神様が、宇宙規模で大自然をコントロールしておられるからです。しかし同時に、聖書には確かに、地球を含めたこの宇宙全体が完全消滅するときが来る(ルカ21:33、黙示録21:1)と記しています。

今神様が地球を保っておられるのは、1人でも多くの人が罪を悔い改めてイエス・キリストの救いに預かるように、忍耐をもって待っておられるからです(2ペテロ3:9)。どうかあなたもイエス・キリストを救い主として受け入れてください。

救われた者は、この罪に満ちた地が消滅したあとに創造される新しい地の上に、キリストと共に永遠の祝福の内に住まいます。滅びの日が来ることを覚えて不安と恐れに満たされる者ではなく、救われて「神の約束に従って、義の住む新しい天と地とを待ち望んでいる(2ペテロ3:13)」者にしていただきましょう。

BBN聖書学院の「新生」のコースを学び、あなたの救いを確信してください。

担当   Hitoshi Shinoda    記載日  6/10/2011 11:29 PM
読者数  2196


Login                                                                                           お知らせ   プライバシー