BBN Radio
天国への道インターネットラジオBBN聖書学院ライブチャットリソース言語献金コンタクト
登録|コース概要|よくある質問|BBN聖書学院ストリーミングヘルプ|私たちについて|宣教ご利用ツール|受講生より|
受講生ログイン
登録済みの方
ユーザネーム:
パスワード:


パスワードを忘れた?
ユ-ザ-ネ-ムを忘れた?
受講申し込み
今の若い者は、と言いたくなるあなたに。
どうも最近の若い者は、とか、昔は良かった、と言いたくなったら、自分は年寄りですと言っているようなものです。

とはいえ、かく言う私も若くないことを宣言することになってしまいますが、最近の道徳意識や性意識は、私たちの世代やそれより上の世代の人々には理解や許容を超えたものがあります。聖書の基準に照らしてみても、世の罪が神様の御前に年ごとに増しているのは確かだと思います。

けれど、今の世の腐敗ぶりを心配したり批判しているだけでは、年寄りの愚痴で終わってしまいます。自分たちは若いときから悔い改めることなく罪を犯し続けてきたので、次の世代がもっと罪を犯すための温床を造ってきてしまったのだ、ということを認めなければなりません。

イエス様は、「あなたは、ひとの目にある小さな小さなごみを見て、とらしてくださいと言うのに、どうして自分の目にある太い横木の木材には気がつかないのですか。」(ルカ6:41より)と言われました。

若い世代だけでなく、私たち若くない世代も、自分が過去に犯した罪を、また、今も密かに犯し続けている罪を神様の御前に悔い、改めなければならないのです。自分たちの方が今の若い人たちより増しだったと放言するのは、もしかしたら、単に当時犯した罪を無視したり忘れたりしているだけなのかもしれません。

私たちがまず自分の罪を悔いて改めて、きよい神様の御もとにへりくだるのは、神様が一番喜ばれることです。その上で、今の世の罪を大いに憂い、イエス・キリストによって罪から救われる若い世代が一人でも多くおこされるように祈ろうではありませんか。

神へのいけにえは、砕かれたたましい。砕かれた、悔いた心。神よ。あなたは、それをさげすまれません。(詩篇51:17)

きよい神様は人をどのように見ておられるか、また今の世の人々に何を望んでおられるのか、BBN聖書学院でのみことばの学びを通して、神様の御思いをより深く知ることができます。

担当   Hitoshi Shinoda    記載日  6/22/2011 12:48 PM
読者数  2161


Login                                                                                           お知らせ   プライバシー