BBN Radio
天国への道インターネットラジオBBN聖書学院ライブチャットリソース言語献金コンタクト
登録|コース概要|よくある質問|BBN聖書学院ストリーミングヘルプ|私たちについて|宣教ご利用ツール|受講生より|
受講生ログイン
登録済みの方
ユーザネーム:
パスワード:


パスワードを忘れた?
ユ-ザ-ネ-ムを忘れた?
受講申し込み
心のゆとりはどこから?
箴言19:21 「人の心には多くの計画がある。しかし主のはかりごとだけが成る。」

 私たちが時間をかけて練り上げた計画が思い通りにゆかないとき、それはストレスとなりますね。そうして、なぜこんなんことが、と愚痴りたくなるのが人情です。けれど神様の御旨は私たちの思いや計画を遥かに超えたところにあります。この聖句に限らず、似たようないましめをしるした聖句が箴言には他にもあります(3:5、6、16:1、3、9、19:21)。

 数年前、私はアメリカのテキサス州ダラスの空港で、ノースカロライナ州シャーロットへ行く飛行機の搭乗案内を待っていました。ところが定刻になってもアナウンスがありません。どうしたのかと思っていると、「機材が故障しているので修理します。お待ちください。」とアナウンスがありました。

 2時間ほど待っていると今度は、「もう一箇所修理箇所が見つかりましたのでもう少しお待ちください。」と言われました。それでは「仕方がない」、と更に待つこと1時間。今度は、「修理が終わりませんので、別の飛行機でシャーロットに飛びます。」とアナウンスがあったのです。待合のお客は、やれやれといった顔で結局4時間遅れで別の飛行機に乗り込んだのです。

 ところが飛び立ってシャーロットに近づくと、飛行機は上空を旋回し始めてなかなか着陸する様子がありません。すると機長から機内放送で、「シャーロットの飛行場は霧で覆われている上、地上にある着陸誘導装置が故障していますので、バージア州のノーフォーク飛行場に降りることにします。」と言ったのです。おいおい、それはないだろう。機内はざわめきました。ノーフォークはシャーロットから何百キロメートルも東にあるのです。

 結局、私たちは全く考えてもいなかった町に、夜中近くに到着。頼んでもいないホテルに宿泊させられて、シャーロットには翌朝早く向かうことになったのでした。おかげで私は予定した計画をかなり修正しなければなりませんでした。

 でも今になると、パイロットや現場のプロの人々の判断には感謝しています。なぜなら、故障に気付かす飛び立ったり、霧の中を無理やり着陸しようとしたら、もしかしたら大事故になったかもしれないからです。

 私たちの毎日には、思いも掛けないことが起こるのが常です。けれど、全ての状況をご存知の神様は、イエス・キリストにある私たちのために、すべてが最善となるように、ご自身のお考えのままにことをなさいます。ですから、私たちが綿密な計画をたてて物事を始めることと同時に、神様は別のことをなさろうとしているかもしれない、と心にとどめることも大切です。その心のゆとりは、あなたやわたしの「すべてを御心のままに働かせる愛に満ちた神様への信頼」からでるのです。

コース 20200「すべてを益に」(横山幹夫牧師)もぜひ受講してください。  -

担当   Hitoshi Shinoda    記載日  10/18/2013 4:24 PM
読者数  1767


Login                                                                                           お知らせ   プライバシー