BBN Radio
天国への道インターネットラジオBBN聖書学院ライブチャットリソース言語献金コンタクト
読みもの|ヘルプ&ツール|
 

プライバシー

BBNMedia Articles

2

神様

 

第2章 

神様

 

神様を学び、人間と神様との関係を知ること、それ以上に大きな人生の課題はありません。

 

I. 神様の存在

 

A. 神様の存在を否定したり、間違った教えをしている学説を以下に挙げます。

 

(1) 理神論:この説は神様が存在することを認めますが、神様が被造物を支えていることを否定します。

(2) 無神論:創造された結果のみを見て、どうしてそうなっているのかという原因を考えようとはせず、神様はいないと主張します。

(3) 懐疑論:神様、特に啓示の神について、その存在を疑ったり、あるいは信じられないと主張します。

(4) 不可知論:この説は、神様の存在は否定しませんが、神様を知ることはできないと主張します。

(5) 汎神論: 「すべてが神」、「神はすべて」と言います。 

(6) 三神論: 三つの神がいることを教えます。

(7) 二元論: 同等の二つの神を信じます。善神と悪神と信じています。

(8) 一神教:神様は一つと言う説です。クリスチャンは、このことを信じていますが、悪魔もこれを信じています。 ヤコブの手紙2:19

 

B. 聖書は、神様の存在を証明しようとはしません。聖書のいたるところで、神様がおられると言う事実があるからです。すべてのものが存在する前に、「初めに、神様がおられました。」聖書の最初の一節「初めに、神は天と地を創造した」は、天地創造の前から神様が存在したことを明らかにしています。神様の存在は、証明する必要がない真実として紹介されているのです。詩篇14:1に、神様がいないと言う人は愚かだと呼ばれています。この聖句は、ヨハネ1:1-5と照らし合わせる必要があります。ヨハネ1:1-5で、イエス様は、天地創造の初めから神様と共におられたと、はっきりと書いています。それによって、イエス様が天地創造の初めから永遠の神の御子であったということがわかります。聖霊も天地創造に参加されました。「神様の霊が水の面を動いていた。」創世記1:2 三位一体の神様が、天と地を創造されたのです。

 

C. しかし、神様の存在の証拠は、聖書以外でも明らかです。

 

(1) 人類は、昔から普遍的な存在を信じてきました。

(2) 被造物が造られるには、創造主が必要です。原因がなければ、宇宙はできません。

(3) 被造物の中に見られるすばらしいデザインには、優秀な設計者が必要です。

(4) 全世界の中には、善と悪があります。ですから、善と悪を区別する道徳律があるはずです。道徳律があるので、その道徳律を与えた方もおられるはずです。

(5) 人間は、理性と道徳心のある者です。その人間を造った創造主は、人間よりはるかに優れているはずです。

 

II. 神様の性質

 

A. 神様は、霊です( ヨハネ4:24)。 神様は、肉体を持たないという意味です。神様は見えない方ですが、人間に見えるような形で、ご自分を現すこともできます。すなわち神様は、肉の身体を持ったイエス様としてこの世に来られました。ヨハネ1:14-18;コロサイ1:15;ヘブル1:3.

 

B. 神様は、光です。「神は光であって、神のうちには暗いところが少しもない」(1ヨハネ1:5)

 

C. 神様は、愛です。「愛のない者に、神はわかりません。なぜなら、神は愛だからです。」(1ヨハネ4:8)

 

D. 神様は、焼き尽くす火です。「私たちの神は焼き尽くす火です。」(ヘブル12:29)

 

E. 神様は、憎みます。「主の憎むものが六つある。いや、主ご自身の忌みきらうものが七つある。」(箴言6:16)

 

F. 神様は、聞いてくださいます。「主の目は義人の上に注がれ、主の耳は彼らの祈りに傾けられる。しかし主の顔は、悪を行う者に立ち向かう。」(1ペテロ3:12)

 

G. 神様は、人格のある方です。聖書の中で、神様に関して個人的な名前が使われています。出エジプト記3:14;マタイ11:25 神様は、知識(イザヤ55:9-10)、感情(創世記6:6)、意思(ヨシュア3:10)という個性を持っています。

 

H. 神様は、お一人です。聖書の中で、神様は唯一だと明確に教えています。1テモテ2:5を読んでください。多くの神様がいるという教えは、論理的ではありません。至高の方が、お一人しかおられないはずです。

 

I. 神様は、三位一体です。存在する神様は唯一であるばかりでなく、その唯一の神様の中に、三つの人格、つまり御父、御子、そして御霊の位格があることも教えています。これは、人間の知性をはるかに超えた奥義ですが、理解できなくても、神様のみことばにそう書いてあるので、信じることはできます。三位一体という言葉は、聖書の中には使われていませんが、次の聖書の箇所で、そのことがわかります。(1)イエスのバプテスマ、マタイ3:16-17 (2)大宣教命令、マタイ28:19 (3)祝祷、2コリント13:14 (4)ローマ1:7で、御父が神様と呼ばれ、ヘブル1:8で、御子が神様とよばれ、使徒5:3-4 御霊が神様と呼ばれています。

 

 

III. 神様の属性

 

 神様を定義することは、むずかしいですが、一番良い方法は、神様の性質や特徴を説明することです。私たちは、会ったことのない人を他の人に説明するときに、髪の毛や目などの特徴を話します。同じように、聖書も私たちに神様の特徴を明記します。これを、神様の属性といいます。

 

A. 神様は遍在です。神様は、同時にどこにでもおられます(エレミヤ23:24)。

 

B. 神様は全知です。言いかえれば、神様は何でもご存知です。人間の一つ一つの思いと行いを ご存知です(箴言15:3)。 自然の中で起こるすべてのことや、スズメが死ぬことさえご存知です(マタイ10:29)。宇宙は無限ではるかに大きいのに、神様は、砂の一粒一粒を永遠の昔からご存知です。

 

C. 神様は全能です。神様は、すべての力を持っておられます。神様は宇宙を創造され、今ご自分の力で保っておられます。神様に不可能なことは、一つもありません(マタイ19:26)。

 

D. 神様は永遠です。始まりはなかったし、いなくなることもありません。モーセは、「どなたが私をお遣わしになったと言ったらよいでしょうか。」と聞いたときに、神様は答えました。「わたしは、『わたしはある』という者である。」神様は、「わたしはありました。」とか「わたしはこれからある。」というような答をなさいませんでした。神様は、永遠に「わたしはある。」というお方です(出エジプト記3:13-14)。

 

E. 神様は不変です。「主であるわたしは変わることがない」(マラキ3:6)。

 

F. 神様は聖です。完全に純粋で罪がありません。罪を憎み、善を愛しておられます。箴言15:9-26 罪人から離れ、罪を罰さなければなりません(イザヤ59:1-2)。

 

G. 神様は誠実です。神様のすべての行いは、正しくて公平です。御自分のすべての約束を守られます(詩篇119:137)。

 

H. 神様は愛です。罪を憎まれますが、罪人を愛しておられます(ヨハネ3:16)。

 

注意:私たちは、祈りの中で、神様に対して尊敬を表すことばを用いましょう。神様に、人に対して馴れ馴れしく話し掛けるような無作法なことば遣いは、ふさわしくありません。もし大統領や王様の部屋に入ったら、どのように話しかけるでしょうか。私たちは、祈るたびに、王の王である神の御前にいるという気持ちを忘れないようにしましょう。

 


 

 

お知らせ:BBN聖書放送ホームページ上にあるすべての音声、文書、映像などは、国際著作権法で保護されています。これらの複製や再生には、BBN聖書放送の許可が必要です。これらを商業目的のために利用することは、法により固く禁止されています。しかし、BBN聖書放送の目的は宣教です。提供しているものは、個人の霊的生活、信仰の助けとなります。使用目的が個人的なものであれば、BBN聖書放送を活用されることは自由です。Copyright (c) 2006
放送を聴く

現在放送中:
みことばのマナ
鈴木茂牧師
証し一覧

Login                                                                                           お知らせ   プライバシー